使いながら地球温暖化に貢献できるヘンプペーパー

大麻(タイマ)といえば、依存性のある薬物で中毒になると、どんな品行方正な人間でも社会からドロップアウトさせられてしまうというような怖いイメージを持っている方が大半だと思います。
しかし、大麻で向精神作用の持ち、麻薬として利用されるのはTHC(テトラヒドロカンナビノール)が含まれる葉と花の部分のみ。
その他の部分に着目すると、茎や果実(種子)からは良質な繊維やオイル、食用のナッツなど様々な資源が採れる、とても利用価値の高い産業用作物であることがわかります。
その上、大麻は、農薬や化学肥料が全く使わずに痩せた土地でも育てられること、約100日で3メートルを超えるほどの高い成長性を持つこと、普通の植物よりも多くの二酸化炭素を吸収して酸素を排出することなど、栽培農家にも地球にも優しい特性を持っています。
負のイメージに固執して、大麻の有用な部分を無視してしまうのはあまりにももったいない。
そんなわけで、有用な産業用植物の大麻を「ヘンプ」と呼び、現在、世界中で多くの団体によって大麻(ヘンプ)の普及活動が進められています。

■ 大麻は森林伐採を予防できる優れた素材
日本製紙連合会がウェブサイトで公開している「日本製紙業界の現状」によると、2011年に日本人一人が1年間で消費した紙の量は、世界平均の約4倍に相当する約220kg。
このうち、約4分の3が海外からの輸入木材によってまかなわれており、日本の製紙業は極端に海外に依存した状態が続いています。
現在では、森林管理で伐採された木材(間伐材)がパルプとして利用されるようになりましたが、これでまかなえる量はたった2%程度に過ぎません。
しかも、国内の間伐材を使用すると割高になりがちなので、結局は安価で入手できる輸入チップに頼っているのが実情のようです。
原料の多くを海外からの輸入に依存する日本の製紙会社は、世界各地で植林を進め、地道に森林を育成する活動も行っていますが、成長が早いためパルプ原料として使用されることの多いユーカリでも植林から再び木材として利用できる大きさに成長するまでに約7年かかるといわれています。
IT機器や電子書籍の普及によって先進国の紙の需要は年々減少傾向にありますが、それでも木材のみで世界のパルプ需要を満たし続けるのは、非常に困難と言えます。
近年は、森林保護の観点から木材以外の植物から作る「非木材紙」の割合を増やそうという機運も生まれていますが、生産コストの問題もあってか、紙の消費量全体の5%にも満たないのが現状です。
非木材紙については、2000年代からアフリカ原産のケナフ(別名:洋麻、アンバリ麻)が木材パルプの代替資源として注目を浴びるようになりました。
ケナフは大麻(ヘンプ)と同様に、成長が早く短期間で多くの繊維が収穫できることが高く評価されているようです。
しかし、ケナフは地面の栄養を吸い上げる力が強く、強い繁殖力を持つため、連作障害や周辺の作物の生育を妨げる可能性が指摘されています。
一方、大麻(ヘンプ)は、先述した育てやすさに加え、土壌の栄養も過度に吸収しないので小麦との輪作も可能。
しかも、密集して植えても問題なく育つので、繊維を大量に効率良く採取できる非常に優秀な作物であることがわかります。
今後、製紙業界全体が木材紙から非木材紙への転換を積極的に進めていくためには、大麻(ヘンプ)を栽培を推進していくことも一つの選択肢といえるのではないでしょうか。
大麻(ヘンプ)のパルプで製造する「ヘンプペーパー」は既に商品化されており、今では製造業者のウェブサイトを通じて注文できるようになりました。
現在一般に販売されている商品は、再生紙に20〜30%程度のヘンプパルプを混合したものが多いようですが、注文すれば100%のヘンプペーパーも購入可能なようです。
価格は再生紙(70%)+ヘンプパルプ(30%)のA4用紙で1枚50円程度と少々高めとなっていますが、今後、大麻(ヘンプ)栽培が拡大して非木材紙の市場も広がれば、生産コストも今よりも下がり、より使いやすくなると思います。
大麻(ヘンプ)のパルプで製造する「ヘンプペーパー」は、森林伐採を大幅に減らして地球温暖化の抑止に貢献できるヘンプ製品といえます。
ヘンプペーパーの普及のためには、一人ひとりが積極的に使っていくことが大切です。
まずは比較的購入しやすい名刺用紙やプリンター用紙を使ってみてヘンプペーパーの手触りや使い心地を体験してみてはいかがでしょうか。

大麻の持つイメージと未来への可能性

皆さんは、「大麻」という単語を聞いた時、あるいは目にした時に、どのようなイメージを持つでしょうか?
大麻は英語名で「ヘンプ」、和名では「大麻草」と呼ばれ、アサ科1年草の双子葉植物のことで、品種には「繊維型」と「薬用型」があります。
その中でも特に繊維型でマリファナ効果のない物を「産業用ヘンプ」と言います。
従って、品種や呼び名が違うだけで「麻」「大麻」「大麻草」「ヘンプ」「マリファナ」は、すべて同じ植物のことを指すわけですが、ほとんどの人たちは「麻」「ヘンプ」と聞くと「夏に着る涼しい衣服の素材」というイメージを持ち、「大麻草」「マリファナ」と聞けば、「乱用して使われる悪い薬物の素材」というイメージを持つのではないでしょうか?
こういった言葉の違いによるあやふやなイメージがあるため、日本ではまだまだ大麻という素材の持つ可能性や魅力が正しく認知されていません。
まず、薬物として指定されているのは、薬用型品種の葉と花穂のみです。
これを所持することが法律では違反に当たります。
なので大麻取締法が適用されるのは非常に限られた部位や使用法に関してのことなのですが、テレビでの報道や学校での教育などの影響で、「大麻」と聞くと悪いイメージとして定着してしまっているのだと想われます。
大麻草には日本ではまだあまり一般的には知られていない活用法がいくつもあります。
医療品や化粧品、健康食品などとしても使われたりするのですが、先に書いたように違法薬物のイメージが定着してしまっているため、『「大麻」で作られている』という事を知らされると、悪いイメージの方が先行してしまってビックリする人たちも少なくないと想います。
ですが、その活用法はとても幅広く、利用される部位も茎や種まですべて余すことなく有効利用できる、とってもエコな素材なのです。
例えば、種は食用油や化粧品、石けんなどの原料に、また、そのまま食品として使われます。
茎は糸や織物などの衣料品、紙や建築材料、また、エコロジーな燃料として今注目を浴びているエタノール燃料の原料になったりもします。
葉は医療品、肥料、家畜の飼料にもなります。
これだけ見ても様々な活用法がありますが、これからの時代、大麻はその実用性や可能性をもっともっと世間に知られていくべきでしょう。
私たちが持っている大麻に対しての悪いイメージというのは、大麻のほんの断片の事に過ぎません。
決してその悪いイメージというのは、間違った事ではありません。
もちろん使い方を変えれば大麻は悪い物にもなり得ます。
でも、それは包丁やライターなどと同じことです。
今までの知識に加えて、物の新しい見方、違う角度からの解釈を知っていくことで、未来をより良くしていくことも私たちは可能なのです。
イメージの定着というものは時として恐ろしく、悲しいものになったりします。
穿った見方の所為で肩身の狭い想いをしなければならなくなる人たちも世の中には大勢いるのです。
正しい知識と「もっと知りたい」という好奇心、「世間ではこう言われているけれど、それは本当だろうか?」という常識を疑うことも、世界を明るくしていくために必要なことなのかもしれません。

麻に関わる物の値打ちについて

古来より繊維として使われてきた麻は、現在ではその利用が制限されています。
大麻は中毒性があることが知られており、吸引や所持が禁じられているのは誰もが知っているのです。
ただ、繊維として優秀なのも昔から良く知られており、麻で衣服を作ったり、アクセサリーを作ることは昔から行われていました。
現在も地域によっては日本で麻を使った衣類などは製造、販売され、その通気性の良さから大変珍重されています。
もともとどこにでも存在し、種さえまけば必ず生えてくる強靭な植物として知られていた麻は、使い勝手のいいことや、丈夫なことから、神社のしめ縄、魚網などに使われました。
それらたくさんの用途を考えると、今この繊維を利用しないのは少しもったいないような気がします。
医療の分野でも麻が使われることは多いです。
この植物に含まれる成分が医学的な見地からも薬として使われることがあって、危険性は十分に認識されつつも薬として利用できる部分も認められているのです。
もちろんきちんと管理された病院などでのみ利用が許可されるのは言うまでもないことで、その利用も医学的な用途のみに限定されています。
たくさんの人たちが大麻(ヘンプ)の利用法や、歴史的な経緯について調べていますが、その値打ちについてもよく理解されていると思いました。
麻を使った衣料品は意外と私たちの身近にも存在しており、この植物の持つ通気性の良さ、その他加工のしやすさなどがはっきりと現れています。
利用度の高い植物ほど価値があるとはよく言った物で、麻の持つ耐久性やさらさらの触感など、利用した物だけがわかる感覚は納得できます。
衣類としてはかなり昔から使われてきた麻の着物などは、今でもけっこうみかけることがあるのです。
これから夏になるにつれて、浴衣などは特に麻が使われ、とても涼しく過ごすことができます。
昔の人はどんな素材がどういう季節に向いているかを良く知っており、その利用法をあらかじめ考えていたのです。
今を生きる私たちは法律の制限はあるものの、この素晴らしい植物を有効利用することができます。
麻製品を扱う衣料関連の業者さんはけっこうたくさんいて、ネットでも出来上がった商品を通販していたりします。
彼らは麻の持つ魅力をきちんと理解しており、それをどういう風に役立てていけばいいかも心得ているのです。
その高い技術力と、麻への愛が感じられる商品は、値段が多少張ったとしても手に入れる価値があります。
夏に向けてシャツや浴衣、甚平など、かなり涼しげな衣類が多く、それらを簡単に手にすることができる環境が整ったのは喜ぶべきことです。
今後どういう形で麻が私たちの生活に浸透していくかは不明ですが、法律の範囲内で利用するのは自由ですから、これからもこの植物の有効活用を心がけていきます。
私は麻を加工する技術などは持たないので、衣類製造業者さんたちのこれからの努力に期待し、彼らを応援していくつもりです。

危険なものではありません

大麻と書くと、誰もがたいまと読み、覚せい剤の一種として怖いと感じたり、敬遠しなければならないものというイメージを抱かれることでしょう。
けれど、大麻は大麻でも、大麻(ヘンプ)となると、まったく異なったものとなってくるのです。
ヘンプは麻の一種で、古代から日本でずっと栽培されてきました。
衣料品が作れ、燃料にもなるという非常に優れた植物で、日本で栽培されてきたものは薬物にならないヘンプだったのです。
古代から日本にはおなじみの麻ですが、のちになって海外からアマ科の植物やイラクサ科の植物が入ってくるようになったため、これらの植物よりも背の高い日本の麻を、大麻(おおあさ)と呼んで区別するようになりました。
大麻が衣料品や燃料目的で使われる反面、薬物となる大麻(たいま)にもなるという側面があります。
日本では薬物利用できる大麻を育てるのは法律で禁じられていますし、繊維利用の麻も、特定の栽培業者しか作ることを認められていないというくらいですので、厳重に管理されていると言っていいでしょう。
古来から、神社仏閣には必ずこの大麻がありました。
その理由は、罪や穢れを払う強いパワーを持っているとされているからです。
今でも注連縄などに使われていて、悪いものであるどころか、非常に神聖なものであることがわかります。
最近はパワーストーンを身に着けたり、パワースポットに足しげく通う方も多くなりましたが、パワーをいただくには、己の身の穢れを払う、つまり浄化をしないとなかなか幸運はやってこないでしょう。
そこで、大麻を使って作ったブレスレットやネックレスを身に着けることによって、自らの罪穢れを払い、清めてもらうことができます。
神社仏閣でお祓いをしてもらうとなると大変ですが、ブレスレットやネックレスを身に着けるだけなら、誰でも気軽にできます。
販売されている大麻でできたブレスレットには水晶もついていて、邪気を払う水晶のパワーが大麻のパワーと組み合わされて、より強力な浄化が可能になるのではないでしょうか。
大麻という名前もヘンプという区別するための名前も、あまり耳にすることがありませんが、実は通気性の良さや吸収性の高さ、光沢があるなどの特徴があり、家庭で使うリネン製品にうってつけの素材なのです。
安くて大量に手に入る化繊も便利ですが、一度ヘンプ素材を使うと、その使い心地の良さから手放せなくなると言われますので、ぜひ使ってみたいものです。
大麻でできた装飾品を身に着けることで自分自身の穢れを払い、さらにはヘンプ素材のリネンを敷いた布団で眠れば、ますます浄化されることは間違いありません。
大麻の特徴である、成長が早く、深く広く根を張るところから、商売繁盛や事業発展、さらには子孫繁栄などを祈願する縁起物も作られていて、家の中に飾っておけば、ますますいいことが起こりそうです。
ネガティブなイメージの大麻も、読み方一つで別物になり、ポジティブにもなるということがわかりました。

麻に心惹かれる部分があるとすれば

ネットで検索すると薬物の代表選手として大麻が出てきますが、それはあくまでTHCを吸引した場合です。
私たちの生活の中で麻を使った食品、衣料品などはたくさんあり、その使われ方は広範囲に及んでいます。
それは、社会的に麻が広く使われ、みんながこの植物の持つ素晴らしさを知っているからです。
繊維として優秀な麻は、古くから衣類の材料として使われてきました。
神社の縄などはこれですし、生活の中で着る着物も木綿より麻が使われてきた経緯があります。
昔は麻などそこらじゅうにあり、それほど苦労せずとも手に入る安価で身近な植物でした。
麻のすごい所は、種を蒔けば手入れや草取りなどをしなくとも、勝手にぐんぐん生えてくるその生命力の強さです。
また、医療の分野でも麻の持つパワーが再認識されています。
医学の分野では早くからその危険性が指摘されながらも、医薬品として利用できる部分にも注目が集まっていました。
そのため、麻の利用頻度は思ったより高く、法律をきちんと守り、医学の範疇内で使われているのです。
もちろん厳重に管理され、治療目的以外で使うことは禁じられています。
衣料品として利用されることが多い大麻(ヘンプ)ですが、単価が高くなるので貴重品ともてはやされています。
最近は通気性の良さに目をつけ、麻の下着などが作られ、人気を呼んでいると聞きました。
麻は肌触りもよく、殺菌性も強いので、下着には最適でしょう。
食品の分野でも麻のオイルなどが作られ、料理などに使われていると聞いたことがあります。
良質のオイルがとれるこの植物については、誰もが心惹かれていることでしょう。
健康食品として確固たるイメージがついているのも、当然といえば当然の結果です。
法律で規制されている植物だからといって、麻について目を背けるのは間違いです。
むしろ、日本人は古来より麻を生活の中でかなり利用してきた民族ですから、規制されている部分はきちんと認識し、使える部分は使っていくのが好ましいと思います。
事実、麻は植物としては捨てる所のない優秀な面をいくつも持っているので、使い勝手が非常にいいのです。
栽培も簡単で、大量生産が可能なのも魅力の一つであり、目的さえはっきりとあって、法律に反しない限りはどんどん使っていくのが正解でしょう。
麻を使った衣料品などは夏になるとたくさんのスーパーや衣料品店で売られています。
それらは一つ一つが非常にいい出来で、着ている人が気持ちよくなれるような工夫が施されるのが通例です。
アクセサリーとしても麻製品はかなり独特な雰囲気を持っているので、インパクトをつけたい場合にもお勧めします。
このように生活の中にどんどん麻が入ってくれば、麻に対しての先入観もなくなり、自分の生活にとって必需品なのだと思える気持ちが強くなるでしょう。
麻に対して私たちはもっと研究し、法律の範囲内で使っていくことが大切です。
それは、今後の生活をきっと豊かにしてくれると思います。

ベストイー

私は女性の特有の生理痛で悩んでいて、その周期が来る度に憂鬱な気持ちで過ごしていました。
そしてホルモンのバランスも崩れているせいなのか、ニキビも多くできていてその事でも困っていたのです。
そこで市販の医薬品を服用したり、ひどい時には病院に通ったりもしていました。
しかし仕事の休みも日曜日などが多く、病院の行っている時間帯に合わせて行くのが難しい状況にありました。
市販の医薬品も悪くはなかったのですが、値段もそこそこしていたので高いなと感じていたのです。

そんな時にネットで医薬品の検索をしていると、海外医薬品は日本の製品よりも品質はほぼ同じで値段が安いものが多いという事を知りました。
その理由には、ジェネリック医薬品というものが多い為に、開発費も安くなる為だという事が分かりました。
しっかりとしたサイトで購入の手続きをすれば、正規品100%保証の製品が届くという事も知ったのです。
そこでもっと検索をしていくとベストイーというサイトに辿りつき、そこにはしっかりと正規品100%保証という事も載っていました。
参考リンク:ベストイー
こちらのリンク先に商品などが掲載されています(薬事法の関係上、当サイトでの掲載を控えさせていただきます)

これであれば安心して注文ができそうと感じたのですが、なぜ正規品100%と分かるのだろう?という疑問も感じてきたのです。
調べていくと、独自にいる薬剤師の方がしっかりと検査をしていて、正規品と分かったものだけを発送している事も分かりました。

そこで医薬品も見ていくとピルなども豊富にあり、その中でも初めて使う方にも優しい低用量のピルが掲載されていました。
あまり副作用を感じる事なく毎日続けられるタイプだったのですが、それだけでなく値段もジェネリック医薬品だった為安かったのです。
1か月飲み続ける事を考えても私の中では安くて、長い間続けられそうと感じたので購入をしてみる事にしました。

手続きをしてカートの中にピルのジェネリック医薬品を入れ、後は届くのを待ってみました。
少し届くまでに時間がかかってしまうという事も分かったのですが、そこまで思っていたよりも時間がかかる事なくすぐに届いたのです。
届けてくれる時にも、ピルのジェネリック医薬品だという事が分からないようにしてくれる配慮があったので安心感もありました。
そのまま説明をしっかりと読み、同じ時刻を決めて毎日のように服用をしてみました。
すると生理の時にいつも痛みがあって苦しい時間だったのですが、ほとんど不快感を感じる事なく過ごす事ができたのです。

正直この感覚は久しぶりだったので嬉しさと選んで良かった気持ちでいっぱいになってしまいました。
それからは快適に過ごせるようになって、今でもこのピルのジェネリック医薬品は手放す事ができません。
こんなに良い医薬品であればもっと早く出会っていたかったという気持ちでもいっぱいになりましたが、インターネットで検索をしている時に良いサイトを見つけられた事を良かったという気持ちにもなりました。
ニキビもひどかったのですが、症状が和らいできてその点も嬉しいです。