大麻の持つイメージと未来への可能性

皆さんは、「大麻」という単語を聞いた時、あるいは目にした時に、どのようなイメージを持つでしょうか?
大麻は英語名で「ヘンプ」、和名では「大麻草」と呼ばれ、アサ科1年草の双子葉植物のことで、品種には「繊維型」と「薬用型」があります。
その中でも特に繊維型でマリファナ効果のない物を「産業用ヘンプ」と言います。
従って、品種や呼び名が違うだけで「麻」「大麻」「大麻草」「ヘンプ」「マリファナ」は、すべて同じ植物のことを指すわけですが、ほとんどの人たちは「麻」「ヘンプ」と聞くと「夏に着る涼しい衣服の素材」というイメージを持ち、「大麻草」「マリファナ」と聞けば、「乱用して使われる悪い薬物の素材」というイメージを持つのではないでしょうか?
こういった言葉の違いによるあやふやなイメージがあるため、日本ではまだまだ大麻という素材の持つ可能性や魅力が正しく認知されていません。
まず、薬物として指定されているのは、薬用型品種の葉と花穂のみです。
これを所持することが法律では違反に当たります。
なので大麻取締法が適用されるのは非常に限られた部位や使用法に関してのことなのですが、テレビでの報道や学校での教育などの影響で、「大麻」と聞くと悪いイメージとして定着してしまっているのだと想われます。
大麻草には日本ではまだあまり一般的には知られていない活用法がいくつもあります。
医療品や化粧品、健康食品などとしても使われたりするのですが、先に書いたように違法薬物のイメージが定着してしまっているため、『「大麻」で作られている』という事を知らされると、悪いイメージの方が先行してしまってビックリする人たちも少なくないと想います。
ですが、その活用法はとても幅広く、利用される部位も茎や種まですべて余すことなく有効利用できる、とってもエコな素材なのです。
例えば、種は食用油や化粧品、石けんなどの原料に、また、そのまま食品として使われます。
茎は糸や織物などの衣料品、紙や建築材料、また、エコロジーな燃料として今注目を浴びているエタノール燃料の原料になったりもします。
葉は医療品、肥料、家畜の飼料にもなります。
これだけ見ても様々な活用法がありますが、これからの時代、大麻はその実用性や可能性をもっともっと世間に知られていくべきでしょう。
私たちが持っている大麻に対しての悪いイメージというのは、大麻のほんの断片の事に過ぎません。
決してその悪いイメージというのは、間違った事ではありません。
もちろん使い方を変えれば大麻は悪い物にもなり得ます。
でも、それは包丁やライターなどと同じことです。
今までの知識に加えて、物の新しい見方、違う角度からの解釈を知っていくことで、未来をより良くしていくことも私たちは可能なのです。
イメージの定着というものは時として恐ろしく、悲しいものになったりします。
穿った見方の所為で肩身の狭い想いをしなければならなくなる人たちも世の中には大勢いるのです。
正しい知識と「もっと知りたい」という好奇心、「世間ではこう言われているけれど、それは本当だろうか?」という常識を疑うことも、世界を明るくしていくために必要なことなのかもしれません。

Comments are closed.

Post Navigation